※ 「すまいるカフェ」は日本朗読検定協会の認定朗読教室です。

ようこそ「すまいるカフェ」へ

「朗読を通して豊かで笑顔あふれる毎日をそれが「すまいるカフェ」の願いです。」

 あっという間に9月も半ばになってしまいました。

ここにきて教室の生徒さんが3名ほどコロナにかかったとの連絡をいただき、身近になってきたなと感じています。

お気を付けください。

 

さて、私は「やさしい時間」という朗読ボランティアを主宰しています。

2017年から市立図書館で「大人のための夜の朗読会」と題して月1希望された生徒さんたちが10名ほど、持ち回りで毎回4名の方に一人10分程度の作品を読んでもらっています。

作品は小説・絵本・エッセイ・落語など好きな作品を読みます。皆さん、熱心でしっかり練習をされていてとても上手だと思っています。

常連さんも何人かいらして楽しみにされています。

 

「やさしい時間」は図書館直属ではありません。ただお部屋を借りて朗読会をさせていただいているという立場です。

そのせいでしょうか、今期の担当者さんはお部屋こそ貸してくださっていますが、ポスターとかチラシに関しては非協力的でポスターは張ってもらえないし、チラシは全く目立たないところにひっそりと置いてあります。

理由を聞いたところポスターは張るスペースがないからとの事。見たところ空きはあるようなのですが、私達のような民間がやっている催しには協力できないといった感じ。

 

最初から私たちのイベントには全く無関心で、問い合わせても図書館主宰ではないのでわかりませんと言われたという話は多く聞かれました。

ポスターやチラシを置いて頂けないとなると動員のしようがないので市立図書館での朗読は9月21日で終わります。

 

代わりに「天文館図書館」でさせていただきます。ただここはオープンスペースなので朗読に適しているとは言えませんが、多くの方に朗読を聞いて頂きたいとの思いは届けることができそうです。

10月9日(日)11時から12時 「天文館図書館」の「交流スペース」。参加無料、高校生以上、先着30名様。予約不要。

 

「大人のための朗読会 声便り 秋」

作品は芥川龍之介作「蜜柑」 角田光代作「なけなしの松茸ごはん」他2作品。「秋」にちなんだ作品を読みます。ぜひ、いらしてください。

 

 

 

 

 

 あなたの朗読の実力は何級?

朗読ボランティアや読み聞かせボランティアで頑張っていらっしゃる方、また、趣味で朗読を勉強されていらっしゃる方、自分の朗読力がどの程度なのか知りたくありませんか。

朗読検定については右の緑のまど「朗読検定のご案内」からお入りください。

 

 朗読はいつでもどこでも誰でも出来ます。

声さえ出せればできます。

しかも自分の声だけで人を感動させる事が出来るのです。

素晴らしい事だと思いませんか。

 

 

自分に自信が持てない方、

人前で話す事が苦手な方、

脳トレで何かをやりたい方、

ボランティアで読み聞かせをやりたい方など、

一緒に楽しく声を出して見ませんか。

 

もちろん、本格的に朗読をやってみたい方、大歓迎です。

基礎からしっかり学べます。

 

 

あなたも朗読を始めませんか

 

      まずは、無料体験講座 から


    内容:1回1時間 朗読の楽しさを体験できます。
          お気軽にお問い合わせください。
            ☎:090-7453-1700

 

朗読はさまざまな能力に影響を与え、年齢を問わずだれでも気軽にでき、脳トレとしての効果も期待できると言われています。

 
   当教室では朗読インストラクターと楽しく朗読を学べます。
 
 
 本格的に朗読をやってみたい方へ

  

 ※朗読教室のご案内

    いろいろな場所で教室をやっております。

    詳しくは右上の「朗読教室のご案内」をクリックください。

  

すまいるカフェ メニュー

お茶でも飲みながら豊かな時間を過ごしたい方へ

 ろうどくの部屋(無料)

       ★子供の部屋

   (日本や世界のお話が聞けます)

 

     ☆大人の部屋

   (太宰治、芥川龍之介など日本の名

    作が聞けます)

お聞きになりたい方は右の案内からお入りください(緑の所)